Contact(お問合せ・ご質問など)

Ota Tokyo & PN Italy
Office@lovecommunion.com

 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon

© 2016 Taolife All Rights Reserved 

イタリアバールに来たらスプリッツ

January 15, 2018

日本にも、「とりあえずビール」という言葉があるようにイタリアには、アペリティーボという夕食を始める前にバールで過ごす時間があります。元々は食前酒という意味があり、ミラノから発祥して広がったようです。

 

日本の飲み会ほど、ビジネス的な要素は濃くありませんが、気軽に人脈を作ったり、情報交換をできる時間でもあります。この時間に最低でも20分、長ければ1時間ほどかけてから夕食がスタートします。

 

食事の時間そのものは、家族と楽しむという色合いが強いイタリアでは、アペリティーボが男女の出会いのチャンスでもあるようです。先日も、今、私が通っているジムのロッカールームで出会わせた女性は、

 

「この間、素敵な男性と楽しいアペリティーボ過ごしたのよ。すごく美しい男性だったのよ。私は、気に入っているの。今、その後の連絡を待ってるところなの。そしたら、姪っ子もアペリティーボに誘われたんだって、偶然よね。」と嬉しそうに話していました。

 

この色々楽しいアペリティーボ。

 

スプリッツアペロールというと、オレンジ色の甘めのリキュールと白ワインとソーダ

 

スプリッツロッソ 赤ワインとソーダ

 

スプリッツビアンコ 白ワインとソーダ 

 

プロセッコ 北イタリアにお越しの際には、白のスパークリングワインです。

 

を楽しむことができます。写真を撮る前に飲み終わっちゃいました。

 

 

 

Please reload

Recent Posts

January 2, 2019

Please reload

Join My Mailing List